\ 中国史の入門に最適! /

項羽と劉邦を電子書籍で買えるのはココ

※まずは一巻を読んで世界観を楽しもう♫

横山光輝さんの描いた、マンガ版「項羽と劉邦」は21冊もの大ボリュームで紀元前の中国をまとめている作品です。
400年に及ぶ漢の歴史の第一歩を楽しむにはうってつけの漫画と言えるでしょう。

しかし、21冊ともなれば本棚のスペースを埋めるには十分な量です。
もし電子書籍で読めるのであれば、本棚はスッキリいつでもどこでもスマホやタブレットで項羽と劉邦を堪能できますよね。

では、そんな横山光輝版の項羽と劉邦が電子書籍で購入できるストアはあるのでしょうか?
結論から言うと、電子書籍で買えるストアがあります

横山光輝 項羽と劉邦の電子書籍が買えるのはココ

とはいえ、項羽と劉邦が買える電子書籍ストアは多くありません。
実際に検索してみると分かりますが、あのAmazon Kindleも楽天koboでも取り扱っていないのです。

では、どこのストアで購入できるのかというと、Yahoo!グループのebookjapanという日本の電子書籍ストアの元祖ともいえるサイトです。

しかも、電子で購入できることだけが売りではありません。
項羽と劉邦の紙版のマンガは文庫版や中古品でさまざまなネットショップで買えるのですが、古い作品ということもあって中古の質はそこそこ。
さらには新品で購入できる文庫版の金額は定価なので、電子書籍で購入したほうが安く買えるというメリットがあります。

なぜこうなるのかというと、紙の本を新品で販売する場合は値引きができないのです。
たとえば、アマゾンで文庫版の項羽と劉邦は8,300円ほどでした(2019/10現在)。

これに対して、ebookjapanで電子版を買った場合6,930円です(文庫版ではないので21冊)。

読み終えたら売ってお金にしたいという人には電子書籍は不向きかもしれませんが、
でも裏を返せば、電子書籍を購入する時点で安く買えるのであれば、仮に紙の本を売却して得られる金額のいち部分を先に「値引き」という形で受け取っているとも考えられます。

この辺の価値観は人それぞれなので、一概にどちらの方が良いのかとは言えませんが、

・本を保管しておくスペースが不要
・紙の本よりも安く買える
・持ち運びも手軽なので、どこでも読める
・紙ではないので劣化することなく、いつまでもキレイなまま

これらのメリットに価値を感じる方には、電子書籍は超おすすめですね。

スマホやタブレットにダウンロードしておくことができるので、
旅行や出張などに行く際のお供にも重宝します。

Paypayでお得に買える

さらにお得に購入する方法として、おなじみのPaypayを使うのもいいでしょう。
Paypayとebookjapanはどちらもソフトバンクグループで、たまにポイントバックなどのキャンペーンを実施しています。

あるいは手持ちのPaypay残高が残っているのであれば、その分を支払いに使うことで実質的な出費は最小限になります。

まだスマホにPaypayアプリが入っていないのであれば、これを機にインストールしておくのがオススメです。

PayPay(iOS用)
PayPay(Android用)

更新日:

Copyright© 横山光輝の項羽と劉邦は電子書籍で買える?キンドルや楽天koboは? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.